MANGA都市TOKYO

8月から東京都港区六本木にある国立新美術館で始まった「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」展は、現在新型コロナウイルスの影響により予約制で開催されています。東京に関係の深いマンガ・アニメ・ゲーム・特撮を取り上げたこの展覧会は、日本のサブカルチャーが、世界的にどれほど大きな影響を及ぼしているか、改めて確認できる展覧会です。それは元来全く関係なさそうなミスティーノカジノ無料ゲームのようなカジノへの影響を見てもわかると思います。アニメ絵のキャラクターを見かけないオンラインカジノなど成立し得ないほどその影響は幅広い分野に広く、深く浸透しているのです。

今後の開催

国立新美術館での開催終了後は、大分県立美術館へと巡回し11月21日より再び開催されます。