ホーム » 論争を巻き起こした展覧会 » 表現の不自由展

表現の不自由展

「表現の不自由展」は、2019年に開催された国際映画祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展を指します。この企画展では、日本と韓国の間で度々問題となる「平和の少女像」(いわゆる「慰安婦像」)が展示されたことを受け、議論がヒートアップしました。

本質的な問題点とは?

芸術の本質を鑑みても、芸術作品が問題提起を試みることは当然のことで、作品自体を問題視することは難しいと言えます。しかし、運営側の対応は褒められたものではなく、説明不足がゆえにさまざまな誤解を招く結果となってしまいました。例えばmystino-online.jpのようなオンラインカジノで遊ぶ時ですら、詳しい説明や解説なしにカジノを満喫することはできません。運営側にはより慎重かつ相応の説明を行う義務があり、責任をもって対処すべきであったと言えます。