館長連載:第20回 私の美術漫歩

By neribi | 2016 年 12 月 23 日

練馬区立美術館サポーター通信「階(きざはし)29号 2016,12,1発行」より転載

Topics: 展覧会情報 |

「しりあがり寿の現代美術 回・転・展」オリジナルグッズの紹介

By neribi | 2016 年 8 月 3 日

「しりあがり寿の現代美術 回・転・展」では、会場限定発売のオリジナルグッズを多数販売しております。

まずは公式図録のご紹介。

本展「回・転・展」を完全記録、さらに描き下ろしマンガ、対談、特別企画などを加えた「回転の世界」をお届けします。

描き下ろしマンガはなんと34ページ。そのほかオマケもたくさん収録されています。

書店やヴィレッジヴァンガードでもお買い求めいただけます。

ぜひお手にとってご覧ください。

イチオシグッズのご紹介、まずはこちらから。

その名も、「パラパラするとぐるぐるするメモ帖」 600円。

どうやったら「回転」をグッズに取り入れられるか、あれこれ考えて制作されました。
二次元では表しきれない「回転」の時間軸を表現できるのは、やはり動画。

「動く絵」 というと、ノートの端に描いたパラパラ漫画を連想しませんか?
その原理がメモ帖に活かされているのです。

ぜひお手にとってみて欲しいグッズです。

売れ筋はこちら。

「缶バッヂ5種」 各250円。

バッグやTシャツ、帽子につけてもかわいいです。

つづいて

「回転展ノート」 380円。

こちらのノートは、中の罫線がなんとぐるぐると回転しています。

どうやって書いたらよいのでしょう?ぜひ使ってみてください。

「iPhoneケース」 各2,300円。

iPhoneをお持ちの方は必見です。お持ちの機種にあったケースをぜひお求めください♪

ほかにもポストカードやステッカー、トートバッグなどなど、たくさんグッズ展開されています。

グッズ売り場もにぎやかです!

ぜひご来場の際はグッズ売り場もお立ち寄りくださいませ。

Topics: 展覧会情報 |

「しりあがり寿の現代美術 回・転・展」開催中です。

By neribi | 2016 年 7 月 13 日

7月3日より、「しりあがり寿の現代美術 回・転・展」がはじまりました。

「弥次喜多 in DEEP」や朝日新聞に連載中の「地球防衛家のヒトビト」をはじめ、独特の批評精神に満ちたギャグマンガで知られている、しりあがり寿さんの初の美術館での個展です。

ロビーから展示室まで様々なものが「回転」しています。

※このゲートも、実はなにかが回転しています。

※この「ネジ」も回転しながらロビーに点在しています。いくつあるか探してみてくださいね。

今回の展覧会は、絵画作品やジオラマ、日用品から映像まで、いろいろなものがぐるぐると回転しています。

回転とは?芸術とは?「漫画家しりあがり寿」とは違う一面のしりあがり寿ワールドをぜひ体感してください。

展覧会はマンガの原画展示とインスタレーションで構成されています。

そして、今回の展覧会は「撮影可能」です!(一部撮影禁止の作品もあります)

動画撮影はできませんが、写真におさめて、しりあがり寿ワールドをシェアしてください。

ご来場をお待ちしております。

次は、オリジナルグッズをご紹介します。

Topics: 展覧会情報 |

館長連載:第19回 私の美術漫歩

By neribi | 2016 年 6 月 29 日

練馬区立美術館サポーター通信「階(きざはし)28号 2016,6,1発行」より転載

Topics: 展覧会情報 |

5月20日(金)は横井弘三の誕生日!!

By neribi | 2016 年 5 月 12 日

横井弘三は、1889年(明治22)5月20日長野県下伊那郡飯田町(現飯田市)桜町に生まれました。

当館では、5月20日の横井さんの誕生日を記念して、
5月20日当日「没後50年“日本のルソー” 横井弘三の世界展」をご鑑賞いただいた方全員に、
今回の誕生日のために特別に制作した記念品をプレゼントいたします。

記念品は、宮沢賢治『グスコーブドリの伝記』の挿絵の絵を使ったしおりです!!

きれいなオレンジの色の印刷、
表面をさわるとデコボコとしていて、質感があり、
高級感ある仕上がりとなっています。

今回の誕生日に合わせて制作したオリジナルです☆

実際に、印刷の現場にも立会い、見本のチェックも行いました。

ぜひ5月20日(金)横井さんの誕生日に、

「没後50年“日本のルソー” 横井弘三の世界展」をご鑑賞ください。

Topics: 展覧会情報 |

「日曜美術館アートシーン」(NHK Eテレ)に「横井弘三の世界展」が登場!!

By neribi | 2016 年 4 月 28 日

現在開催中の「没後50年“日本のルソー” 横井弘三の世界展」が、
「日曜美術館 アートシーン」(NHK Eテレ)にて、紹介されます。
ぜひご覧ください。

5月1日(日曜)9:45~10:00
「日曜美術館 アートシーン」(NHK Eテレ)

皆様ぜひチェックしてみてください。
「日曜美術館」ホームページ

Topics: 展覧会情報 |

没後50年“日本のルソー”横井弘三の世界展

By neribi | 2016 年 4 月 19 日

4月17日(日)より、「没後50年“日本のルソー”横井弘三の世界展」がはじまりました。

美術館ロビーに足を踏み入れると、そこはもう横井弘三の世界!

ロビーの吹き抜けになにやら浮かんでいます。

また、壁には横井作品から飛び出した鳥や犬が出現。

かなり見つけづらいところにもあるようですよ。

展覧会とあわせてお楽しみください。

横井弘三(1889~1965)の作品は、人を微笑ませるのびやかな魅力をもち、見ている人をあたたかな気持ちにさせてくれます。

多くの作品が愛好家による個人所蔵であるため、まとまってみる機会が少ない横井弘三の作品。

本展では、没後50年を機に、200点以上の作品を一堂に会し、いまだ明らかでない横井の画業の全貌に迫ります。

みなさまのご来場をお待ちしております。

Topics: 展覧会情報 |

館長連載:第18回 私の美術漫歩

By neribi | 2016 年 3 月 17 日

練馬区立美術館サポーター通信「階(きざはし)27号 2016,2,1発行」より転載

Topics: 展覧会情報 |

“文化財防火デー”消防訓練を実施!

By neribi | 2016 年 1 月 25 日

明日1月26日は”文化財防火デー”とのことで、消防署の消防演習が練馬区立美術館で行われました。

火災を想定し、美術館の作品を守るべく、消防署の隊員が訓練を実施しました。

まずは、美術館のスタッフで「初期消火」の演習をおこないました。

訓練開始。

避難誘導を行ったあと、いよいよ美術作品の持ち出しです。

(今回は本物の作品ではなくダンボールや消防署からお借りした絵を使いました。)

ボランティアの方による、救助の訓練もありました。

近隣の保育園や幼稚園からもたくさん見学にお越しいただきました。

消防隊員2名が、美術館の壁をつたって降りてきました!

そして美術館館長の指揮のもと、一斉放水!

たくさんの消防車、ポンプ車、そして隊員の方々が訓練にあたっていました。

最後は練馬消防所長と美術館館長による講評があり、無事に消防演習は終了となりました。

冬真っ只中で空気も乾燥しています。

火災などが発生しないよう注意するべく、美術館スタッフ一同ぐっと気の引き締まる1日となりました。

寒い日が続きますね。

練馬区立美術館で来館者をお出迎えしている、「クマ」さんも、こんな姿で寒さに耐えています。

自動潅水で「クマ」に水やりを行っているので、凍っちゃったんですねっ。

Topics: 展覧会情報 |

「浜田浄の軌跡」展アーティストトーク第3回目

By neribi | 2016 年 1 月 9 日

「浜田浄の軌跡」展関連イベントであるアーティストトークも最終回となりました。

第1、2回目は美術館ロビーで行いましたが、第3回目である今回は「創作室」で開催。

普段はグループ等の創作活動で使用する部屋です。

ロビーに比べるとちょっと狭く、いろいろな道具が置いてありますが、集中して聞ける場所だったのではないでしょうか。

たくさんのお客様にお集まりいただきました。

今回は、作家の浜田浄氏、美術評論家の福住廉氏、練馬区立美術館学芸員の真子みほでのトークでした。

テーマは「風土と作品」

福住さんの「「風土」というキーワードで浜田さんの抽象画を評価できるのではないか」という視点を出発点に、浜田さんご自身が制作される中で思い出す故郷のイメージや感覚についてお話を伺いました。

「浜田浄の軌跡」展は、2月7日(日)まで開催しています。

展覧会終了近くなると混み合う日もありますので、お早目のご来館を!

皆様のお越しをお待ちしております。

Topics: 展覧会情報 |