展覧会情報

« Previous Entries

小野木学絵本原画展 関連ワークショップ「読み聞かせと『かたち』の絵づくり」を開催しました。

12月16日に、「小野木学  絵本原画展-ぼくの中のコドモ-」の関連ワークショップとして、貫井図書館とのコラボ企画「読み聞かせと『かたち』の絵づくり」を開催しました。

小野木学さんが挿絵を担当した絵本に、『しつけの本・かたち』という絵本があります。

その絵本を中心とするワークショップで、図書館スタッフによる絵本の読み聞かせや、丸○、三角△、四角□の「かたち」を使った絵をつくっていくという内容です。

 

図書館スタッフによる読み聞かせ

 

読み聞かせを聞きながら、子どもたちが、

「三角はおにぎり!」

「四角はサンドイッチ!」

「丸は太陽!」

と、かたちから連想されるものを次々と教えてくれて、とても楽しい時間になりました。

読み聞かせが終わると、かたちの絵づくりを始めていきます。

いろんな大きさの、丸○、三角△、四角□の「かたち」を使って、「何をつくろうか?」と、子どもたちはわくわくしている様子でした。

美術館担当学芸員がつくりかたを説明していきます。

丸○、三角△、四角□だけでもいろんものが表現できるんですね。

 

丸○、三角△、四角□の「かたち」で何ができるかな?

 

美術館と図書館が併設されているってとても素敵なことですね。

こうやってコラボ企画を開催していくことで、もっともっと図書館や美術館が身近な場所になってくれるとうれしいです。

12月に入り、朝晩とくに冷え込む日が続きますね。

練馬区立美術館の前庭には、美術の森緑地があるのですが、寒い中たくさんの子どもが遊んでいて、毎日元気をもらえます。美術の森緑地にお越しの皆様、美術館で開催中の「小野木学  絵本原画展-ぼくの中のコドモ-」もぜひご覧くださいね。

「小野木学  絵本原画展-ぼくの中のコドモ-」は来年の2月11日(日)までです!

 

「小野木学 絵本原画展 ぼくの中のコドモ」本日より開催です。

本日より、「小野木学 絵本原画展 ぼくの中のコドモ」を開催いたします。

会期は本日11/26(日)から、2018年2/11(日)まで長期にわたって皆様にご覧いただける展覧会です。

なにより嬉しいのは、観覧料無料です。

小野木学(おのぎがく)さんは、当館所蔵作家の中でもっとも所蔵点数が多い作家であり、本展覧会ではその作品の中から、絵本原画や挿絵に焦点を当てます。シンプルな鉛筆画や楽しげなコラージュ、絵具をたっぷりと使った挿絵、「ぼくの中のこどもがおもしろがって描いた」その多彩な表現を、油彩や版画の仕事も含めて紹介しています。

たとえば、、

『かたあしだちょうのエルフ』(ポプラ社、1970年)

 

『おんどりと二まいのきんか』(ポプラ社、1969年)挿絵原画

 

ご存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか。手に取ったことのある絵本が展示されているかもしれませんね!

今回の展覧会では、小野木さんが挿絵やテキストを担当された書籍をお読みいただけるスペースをご用意いたしました!もう一度手に取ってじっくり読んでみたかったあの絵本に、ふたたび出会えるかもしれません。

大人から子どもまでゆっくりと、小野木学の世界をお楽しみいただけます。

駅前なのでフラッと立ち寄ったり、美術の森緑地をお散歩ついでに、1階貫井図書館におでかけがてら、ぜひ「小野木学 絵本原画展 ぼくの中のコドモ」にお立ち寄りください。

美術の森緑地のクマさんとともにお待ちしております。

 

館長連載:第20回 私の美術漫歩

練馬区立美術館サポーター通信「階(きざはし)29号 2016,12,1発行」より転載

「しりあがり寿の現代美術 回・転・展」オリジナルグッズの紹介

「しりあがり寿の現代美術 回・転・展」では、会場限定発売のオリジナルグッズを多数販売しております。

まずは公式図録のご紹介。

本展「回・転・展」を完全記録、さらに描き下ろしマンガ、対談、特別企画などを加えた「回転の世界」をお届けします。

描き下ろしマンガはなんと34ページ。そのほかオマケもたくさん収録されています。

書店やヴィレッジヴァンガードでもお買い求めいただけます。

ぜひお手にとってご覧ください。

イチオシグッズのご紹介、まずはこちらから。

その名も、「パラパラするとぐるぐるするメモ帖」 600円。

どうやったら「回転」をグッズに取り入れられるか、あれこれ考えて制作されました。
二次元では表しきれない「回転」の時間軸を表現できるのは、やはり動画。

「動く絵」 というと、ノートの端に描いたパラパラ漫画を連想しませんか?
その原理がメモ帖に活かされているのです。

ぜひお手にとってみて欲しいグッズです。

売れ筋はこちら。

「缶バッヂ5種」 各250円。

バッグやTシャツ、帽子につけてもかわいいです。

つづいて

「回転展ノート」 380円。

こちらのノートは、中の罫線がなんとぐるぐると回転しています。

どうやって書いたらよいのでしょう?ぜひ使ってみてください。

「iPhoneケース」 各2,300円。

iPhoneをお持ちの方は必見です。お持ちの機種にあったケースをぜひお求めください♪

ほかにもポストカードやステッカー、トートバッグなどなど、たくさんグッズ展開されています。

グッズ売り場もにぎやかです!

ぜひご来場の際はグッズ売り場もお立ち寄りくださいませ。

「しりあがり寿の現代美術 回・転・展」開催中です。

7月3日より、「しりあがり寿の現代美術 回・転・展」がはじまりました。

「弥次喜多 in DEEP」や朝日新聞に連載中の「地球防衛家のヒトビト」をはじめ、独特の批評精神に満ちたギャグマンガで知られている、しりあがり寿さんの初の美術館での個展です。

ロビーから展示室まで様々なものが「回転」しています。

※このゲートも、実はなにかが回転しています。

※この「ネジ」も回転しながらロビーに点在しています。いくつあるか探してみてくださいね。

今回の展覧会は、絵画作品やジオラマ、日用品から映像まで、いろいろなものがぐるぐると回転しています。

回転とは?芸術とは?「漫画家しりあがり寿」とは違う一面のしりあがり寿ワールドをぜひ体感してください。

展覧会はマンガの原画展示とインスタレーションで構成されています。

そして、今回の展覧会は「撮影可能」です!(一部撮影禁止の作品もあります)

動画撮影はできませんが、写真におさめて、しりあがり寿ワールドをシェアしてください。

ご来場をお待ちしております。

次は、オリジナルグッズをご紹介します。

館長連載:第19回 私の美術漫歩

練馬区立美術館サポーター通信「階(きざはし)28号 2016,6,1発行」より転載

5月20日(金)は横井弘三の誕生日!!

横井弘三は、1889年(明治22)5月20日長野県下伊那郡飯田町(現飯田市)桜町に生まれました。

当館では、5月20日の横井さんの誕生日を記念して、
5月20日当日「没後50年“日本のルソー” 横井弘三の世界展」をご鑑賞いただいた方全員に、
今回の誕生日のために特別に制作した記念品をプレゼントいたします。

記念品は、宮沢賢治『グスコーブドリの伝記』の挿絵の絵を使ったしおりです!!

きれいなオレンジの色の印刷、
表面をさわるとデコボコとしていて、質感があり、
高級感ある仕上がりとなっています。

今回の誕生日に合わせて制作したオリジナルです☆

実際に、印刷の現場にも立会い、見本のチェックも行いました。

ぜひ5月20日(金)横井さんの誕生日に、

「没後50年“日本のルソー” 横井弘三の世界展」をご鑑賞ください。

「日曜美術館アートシーン」(NHK Eテレ)に「横井弘三の世界展」が登場!!

現在開催中の「没後50年“日本のルソー” 横井弘三の世界展」が、
「日曜美術館 アートシーン」(NHK Eテレ)にて、紹介されます。
ぜひご覧ください。

5月1日(日曜)9:45~10:00
「日曜美術館 アートシーン」(NHK Eテレ)

皆様ぜひチェックしてみてください。
「日曜美術館」ホームページ

没後50年“日本のルソー”横井弘三の世界展

4月17日(日)より、「没後50年“日本のルソー”横井弘三の世界展」がはじまりました。

美術館ロビーに足を踏み入れると、そこはもう横井弘三の世界!

ロビーの吹き抜けになにやら浮かんでいます。

また、壁には横井作品から飛び出した鳥や犬が出現。

かなり見つけづらいところにもあるようですよ。

展覧会とあわせてお楽しみください。

横井弘三(1889~1965)の作品は、人を微笑ませるのびやかな魅力をもち、見ている人をあたたかな気持ちにさせてくれます。

多くの作品が愛好家による個人所蔵であるため、まとまってみる機会が少ない横井弘三の作品。

本展では、没後50年を機に、200点以上の作品を一堂に会し、いまだ明らかでない横井の画業の全貌に迫ります。

みなさまのご来場をお待ちしております。

館長連載:第18回 私の美術漫歩

練馬区立美術館サポーター通信「階(きざはし)27号 2016,2,1発行」より転載

« Previous Entries