Archive for 10月, 2011

美術館に響く筑前琵琶のしらべ

10月29日の夕闇せまる午後4時から<生誕130年松岡映丘展記念コンサート>「琵琶と語りで聴く いにしえの恋ものがたり」を開催しました。

出演は筑前琵琶奏者の川村旭芳さんです。

川村さんは島根県立美術館さんの松岡映丘展コンサートにも出演されています。

[演目]

1 義経と静 悲恋ものがたり

2 源氏物語より『葵と六条御息所』

    

松岡映丘の作品は源氏物語を題材にしたものが多数あり、今回の「生誕130年 松岡映丘-日本の雅-やまと絵復興のトップランナー」でも多くの作品を展示しています。

川村さんの奏でる琵琶のしらべは、そんな源氏物語を題材にした作品はもちろんの事、それ以外の「やまと絵」達にもピッタリな音色でした。

100名近くお集まりいただいた観客の皆さんもじっくりと聴き入っていました。

琵琶の音色もピッタリの「生誕130年 松岡映丘-日本の雅-やまと絵復興のトップランナー」は11月23日(水・祝)まで練馬区立美術館で開催中です。皆様のお越しをおまちしております!

水谷八重子さんも感激の「生誕130年 松岡映丘」展 開催中です!

秋晴れの10月8日。現在開催中「生誕130年 松岡映丘-日本の雅-やまと絵復興のトップランナー」展の特別鑑賞会を行ないました。

式典では特別ゲストとして水谷八重子さんからもご挨拶を賜りました。

水谷さんは、お母様である初代水谷八重子さんがモデルとなった≪千草の丘≫について、「実際の母に比べて美しすぎます。」と会場を盛り上げた後、お母様への想いや作品への感想などをお話ししてくださいました。

特に「この様な展覧会でたくさんの人に見てもらい母は幸せ者です。」と語る姿は、娘としての喜びがあふれているようでした。

また、水谷さんは≪千草の丘≫を取り上げたテレビ東京系「美の巨人たち」 (10月29日放送分)にも出演していますのでお見逃し無く!

    

式典後の鑑賞会でも、やはり皆さん≪千草の丘≫に釘づけのようでした。

≪千草の丘≫以外にも見どころ満載の「生誕130年 松岡映丘-日本の雅-やまと絵復興のトップランナー」展は11月23日(水・祝)まで開催中です。皆様のお越しを心よりお待ちしております!