Archive for 12月, 2013

渡辺千尋展 ゲスト・トークを行いました。

本日、12月21日(土)2時から展示室で「渡辺千尋展」のゲスト・トークを行いました。

ゲストは、東京藝術大学名誉教授で銅版画家の中林忠良先生。

ロビーにお集まりいただき、スタートです。

版画に使う道具を実際に見せて解説してくださいます。

この道具は「ビュラン」というものだそうです。

展示室に移動しました。

渡辺千尋さんの版画を見ながらの解説に、大勢の方々が耳を傾けています。

時折冗談も交えながらのお話に、参加者のみなさんは大きく頷いたり笑ったり。

1時間超のトークでしたが、「セビリアの聖母」復刻のエピソードなど

興味深いお話に思わず聞き入ってしまいました。

練馬区立美術館で作成した「渡辺千尋展」のリーフレットには、

中林先生の解説と「ビュラン」の挿絵が入っています。

美術館受付にて、1部500円で販売していますので、ぜひご覧ください。