没後50年“日本のルソー”横井弘三の世界展

By neribi | 2016 年 4 月 19 日

4月17日(日)より、「没後50年“日本のルソー”横井弘三の世界展」がはじまりました。

美術館ロビーに足を踏み入れると、そこはもう横井弘三の世界!

ロビーの吹き抜けになにやら浮かんでいます。

また、壁には横井作品から飛び出した鳥や犬が出現。

かなり見つけづらいところにもあるようですよ。

展覧会とあわせてお楽しみください。

横井弘三(1889~1965)の作品は、人を微笑ませるのびやかな魅力をもち、見ている人をあたたかな気持ちにさせてくれます。

多くの作品が愛好家による個人所蔵であるため、まとまってみる機会が少ない横井弘三の作品。

本展では、没後50年を機に、200点以上の作品を一堂に会し、いまだ明らかでない横井の画業の全貌に迫ります。

みなさまのご来場をお待ちしております。